中古車とはいっても、価格的には一般的なサラリーマンの月収の何倍もの金額というのが常識ですので、購入しようとする場合には、かならず中古車販売業者から事前に見積書を提出させることが望まれます。

こうした見積書のなかには、該当する中古車の本体そのものの価格だけではなく、さまざまな諸費用についても記載があるため、単に中古車のフロントガラスなどに掲げられているプライスボードをみただけではわからないような、より細かな情報が隠れていると判断すべきです。

もしも見積書のなかでわからない項目があれば、遠慮をせずに、販売業者のスタッフに質問をして、納得のいくようにしておく必要があります。

あなたにオススメの47NEWSの新しい情報です。

とくに、諸経費とよばれる部分には、自動車税や自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険の保険料、自動車リサイクル料金などといった、法律上もかならず支払わなければならず、金額的に増減が許されないという項目があるいっぽうで、下取り手数料、査定料、登録代行手数料などといった、中古車販売業者が手数料として徴収しているような項目もあり、こちらはある程度はサービスで安くなったりすることがあります。



そのほかにも、点検整備代金がプライスボードにある金額に含まれている場合と、そうではなく、別々になっている場合とがあり、これも見積書のなかで明確な数字として明らかになってきますので、しっかりと確認して、あとで悔いが残らないようにすることがたいせつです。

中古車の情報を公開しているサイトです。