中古車といえば、はじめから購入するものと思いがちですが、最近では新車の場合と同様に、中古車をリースするというサービスを取り扱っているカーリース業者もみられます。


リースができるのは、いまのところ信用力のある法人が主体ではあるというのはゆるがないところではあるものの、個人を対象としたリース制度も各社であらわれてきているため、今が狙い目といえるかもしれません。

リースは中古車の購入とは異なり、あくまでもカーリース業者から中古車を借りているという体裁になるため、リース期間経過後に原状回復してカーリース業者に返還することを前提として、過度のドレスアップや改造などはできず、また車種についても一定の範囲内に制限されてしまうというデメリットがあることはたしかです。

こちらのエキサイトニュースの詳細情報となります。

しかし、中古車とはいっても購入ではかなりの金額の出費となるところを、リースであれば少ない費用で、しかも月々のリース料として分割しての支払いが可能となるという、大きなメリットがあります。



そのほかにも、購入であれば車検や定期点検など、メンテナンスのための手間や費用はすべて購入者が負担することになってしまいますが、リースであれば、はじめからそうしたメンテナンスも料金のなかに含まれていますので、安心して乗ることができるというところも魅力であるといえます。

中古車情報が満載です。

また、そうした費用については、自動車税や自動車重量税といった、こまごまとした税金についても含まれています。